メニュー

通所リハビリセンターのご案内

通所リハビリセンターの特徴

当施設では、リハビリ専門職と利用者様が話し合い、自分自身で達成したい目標を定め、各個人にあったプログラムを作成します。利用者様が目標に挑戦し、よりよい生活が送れるように支援致します。

特徴 1 最新機器の導入

専門職による機能訓練に加え、最新機器を活用したプログラムを提供します。

特徴 2 リハビリ強化と他職種連携

reha_img03サービス担当者間の連携を密に行なうことで、在宅での課題を具体的に抽出し、目標達成に向けた関わりを強化します。

特徴 3 充実したレクリエーション

reha_img04運動機能向上レク、口腔ケアレク、フロアリハ、季節行事、外出会など、多彩なレクリエーションにもご参加いただけます。

特徴 4 安心・安全の入浴設備

reha_img05大浴場とチェアー浴を完備しており、車椅子をご利用の方も、安心してご入浴していただけます。

1日の流れ(例) 

8:30

お迎え

ご自宅の玄関まで

9:30

健康チェック

到着順に健康チェック(体温・血圧・脈)

 

入浴

身体状況に応じた浴槽で入浴

 

リハビリ

作業レク

状態に合わせたリハビリを実施

塗り絵・プリント・作品など

11:40

口腔体操

食事の前にお口の体操

12:00

昼食 / お昼寝

食後に口腔ケア / 体調に応じてお休み可能

12:40

リハビリ

状態に合わせたリハビリを実施

13:30

要支援者のお迎え

ご自宅の玄関まで

14:00

健康チェック・リハビリ(要支援者)

活動レク

到着順に健康チェック・状態に合わせたリハビリ

季節の行事やバスハイク・機能向上レクリエーションの実施

15:00

集団体操

歌に合わせて皆で体操

15:10

おやつ

お茶とおやつ

16:30

お送り

ご自宅の玄関まで

年間行事予定(例)

4月

お花見

5月

作品作り

6月

お買い物ツアー

7月

デザートバスハイク

8月

高校野球を応援しよう

9月

敬老会

10月

運動会

11月

デイ喫茶

12月

クリスマス会

1月

お正月ゲーム

2月

お茶会

3月

曜日対抗ゲーム会

ご利用料金

通所リハビリテーション費(通常規模型)

介護保険内

①基本料金

・7時間以上8時間未満( R1.10改定)
要介護1  716 円/日
要介護2  853 円/日
要介護3  993 円/日
要介護4  1,157 円/日
要介護5  1,310 円/日
※送迎を行わない場合 片道47円を減額

②入浴介助加算 50円/日

③リハビリテーションマネジメント加算(Ⅰ) 330円/月

  • リハビリテーション計画の進捗状況を定期的に評価し、必要に応じて見直す
  • 理学療法士が、介護支援専門員を通じて、居宅サービス事業に係る従業員に対しリハビリテーションの観点から日常生活上の留意点、介護の工夫等の情報を伝達している
  • 新規利用者に対して、医師又は指示を受けた理学療法士が、実施を開始した日から1月以内に、利用者の居宅を訪問し、診療・運動機能検査・作業能力検査等をおこなっているリハビリテーションマネジメント加算(Ⅱ) 850円/月 (開始月から6月以内) 530円/月 (開始月から6月超)
  • リハビリテーション会議を開催し、利用者の情報を医師、理学療法士、居宅介護支援専門員、居宅サービス担当者・関係者と共有し、リハビリテーション会議内容を記録する
  • 医師はリハビリテーションの実施にあたり、詳細な指示を行うこと
  • 通所リハビリテーション計画について、医師が利用者又は家族に説明し、同意を得る
  • 通所リハビリテーション計画作成に当たって、同意を得た日の属する月から起算して6月以内は1月に1回以上、6月を超えた場合3月に1回以上リハビリテーション会議を開催し、通所リハビリテーション計画を見直している
  • 通所リハビリテーション事業所の理学療法士が介護支援専門員に、支援方法・日常生活留意点に関する情報提供を行う
  • 通所リハビリテーション事業所の理学療法士が、利用者の居宅を訪問し、家族に対し介護の工夫に関する助言を行う

④短期集中個別リハビリテーション実施加算 110円/日

  • 医師の指示を受けた理学療法士が、利用者に退院(所)日又は認定日から起算して3月以内に、個別リハビリテーションを集中的に行なう

⑤中重度者ケア体制加算 20円/日

  • 通所リハビリテーション事業所の利用者総数のうち要介護3以上の利用者の占める割合が100分の30以上ある
  • 通所リハビリテーションを行う時間帯を通じて、専ら通所リハビリテーションの提供に当たる看護職員を1以上確保している

⑥重度療養管理加算 100円/回

  • 要介護3,4,5であって、別に厚生労働大臣が定める状態であるものに対して、医学的管理のもと通所リハビリテーションを行った場合

⑦口腔機能向上加算 150円/回

  • 口腔機能が低下するおそれのある利用者に対し、歯科衛生士又は看護職員を1名以上配置し、共同して口腔機能改善管理指導計画を作成し、口腔機能向上サービスを行った場合

⑧社会参加支援加算 12円/日

  • 通所リハビリテーションの提供を終了した者のうち通所介護、通所事業その他社会参加に資する取組を実施した割合が100分の5を超えている
  • 通所リハビリテーションの提供を終了した日から44日以内に、通所リハビリテーションの従業者が介護支援専門員から情報提供を受け、通所介護その他社会参加に資する取組の実施が3月以上継続する見込みであることを記録している

⑨リハビリテーション提供体制加算 28円/回

  • リハビリテーションマネジメント加算を算定している
  • 常時、理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士の合計数が、利用者数が25又はその端数を増すごとに1以上配置されている

⑩サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ 18円/日

  • 介護福祉士が50%以上配置されている

⑪介護職員処遇改善加算(Ⅰ)

  • 所定単位数に4.7%を乗じた単位数
介護保険外の自己負担費

①食費(昼食と飲水、おやつ代) 570円/日

②入浴関係費(タオル、シャンプー等使用料) 100円/日

③行事費

お楽しみ会、誕生会、敬老会 実費
バスハイク 実費
夏祭り 400円
お正月準備 200円
他随時お知らせあり

介護予防通所リハビリテーション費(1月当たり)

介護保険内

①基本料金

要支援1  1,721円/月
要支援2  3,634円/月

②運動器機能向上加算  225円/月

③リハビリテーションマネジメント加算  330円/月

④サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ

要支援1 72円/月
要支援2 144円/月

  • 介護福祉士が50%以上配置されている

⑤介護職員処遇改善加算(Ⅰ)

  • 所定単位数に4.7%を乗じた単位数
介護保険外の自己負担費

①食費(昼食と飲水、おやつ代) 570円/日

②入浴関係費(タオル、シャンプー等使用料) 100円/日

③行事費

お楽しみ会、誕生会、敬老会 実費
バスハイク 実費
夏祭り 400円
お正月準備 200円
他随時お知らせあり

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME